東京で樹木葬をするには

subpage01

樹木葬には大きく二つの形があり、一つは一人ずつ墓標となる木を植えるやり方とシンボルツリーというものを中心に、故人が分かる墓標代わりのものを設置するというものです。



前者は敷地が広い地方に多く、後者は敷地が限られる東京などの都市部に多く見られます。


この樹木葬を東京でするにはそういった霊園を探す必要がありますが、東京には寺院墓地、民間霊園問わず多くの霊園があります。

朝日新聞デジタル情報を豊富に提供しています。

まず23区内ですと港区、練馬区、豊島区、世田谷区、大田区、足立区、中野区、新宿区、杉並区、台東区、江戸川区、板橋区、葛飾区、北区などに樹木葬を行える霊園があります。

費用も永代使用料を含めて20万円代から概ね50万円代となっていますので普通に墓地を持つよりはコストもかかりません。元々樹木葬は墓石を持たない葬送の形ですので墓地を持つよりは管理などのコストもかかりませんし、限られたスペースを有効に使う事が出来るという事で都市部を中心に広まっています。



ですので東京のような霊園ごとの敷地が限られている土地ではシンボルツリーを中心とした霊園という事になりますが、これを行える霊園というのは多いものなのです。
地方では認知度がまだ低いせいか意外と行える場所が少ない樹木葬ですが、東京では23区内を中心に比較的に多くの霊園から選ぶ事が出来ます。
ですので、その中からかかる費用や交通の便、その霊園の雰囲気など自分に合った霊園を探してみると良いでしょう。