東京都内で行う自然葬

subpage01

東京都内では、新しい埋葬の方法として自然葬に人気があります。


自然葬とは、死んだ後には自然にかえすという概念であり、人工的に作られている墓石の下に眠ることはしません。
世界的に見ると、遺体を風にさらす風葬などの方法もあるのですが、日本では法律による制限もあることから自然葬というと水葬か樹木葬になります。


水葬は、東京都内でも東京湾で行うことができます。


海に散骨する方法であり、沿岸に住んでいる人や漁業にも影響を与えないように船で沖に出てから散骨することになります。

東京で自然葬のお得情報を用意いたしました。

故人が漁師など漁業関係者であったり、釣りやマリンスポーツが好きだったという場合には、死んだ後も海で楽しく過ごしてもらうことができますが、骨を撒くために火葬の後には砕く必要があり、これ以上故人に痛い思いをさせたくないという遺族の人も多いものです。


樹木葬では、墓石ではなく樹木の下に埋葬することになります。

一般の墓地のように区画分けをされた場所に一本の木を植えていくのですが、成長しても大きくならないようなサルスベリなどの木が選ばれています。また、樹木葬では高額な墓石を購入しなくていいことから予算を抑えることに役立つのですが、さらに大きなシンボルともなるような一本の木の下に骨壺が入る程度の狭さで区画分けをして利用できるものもあります。


樹木葬は、合同供養としても人工物の供養塔の下ではなく樹木の下に入ることができます。

ビジネスジャーナルに関する情報を提供中です。

死んだ後も自然に囲まれた場所で静かに眠ることができます。