東京で樹木葬ができる墓地の種類

subpage01

近年は、都市部を中心に無宗教葬や自然葬が人気を集めています。

東京で樹木葬の情報ならお任せください。

東京には多くの地方出身者が住んでおり、実家のお墓の管理ができないため、実家のお墓に埋葬することを希望しない人が増えています。

地方ではなく東京で新たにお墓を建てると高額の費用がかかってしまいますし、管理をしなければなりません。
このため、従来型のお墓ではなくて安価で管理の必要がない自然葬を希望する人が増えています。
日本で自然葬を行う方法は、樹林墓地と呼ばれる墓地(霊園)に樹木葬を行うか、遺骨を粉砕して自然界に撒く散骨の2種類があります。

散骨を行う場合には、地権者の許可を必要としない海洋散骨に限られます。

陸上で草木に還ることを希望するのであれば、樹木葬を選択できます。

東京には、公営または民営の樹林墓地が充実しています。

YOMIURI ONLINE情報がさらにわかりやすくなりました。

民営の霊園の多くは仏教寺院が運営していますが、樹林墓地に限って宗教・宗派に関係なく誰でも利用できる施設が充実しています。

民営墓地で樹木葬を行う場合には、植える木の種類や霊園の様式を選ぶことができます。


日本古来の樹木を植える施設もありますが、西洋風の庭でバラなどを植える墓地もあります。
桜や梅などの花を咲かせるような木を植えることができる施設もあります。
民営霊園を利用すれば、故人や遺族が希望するような施設を自由に選ぶことができます。


民営の樹林葬墓地の埋葬料は1体あたり15万円から50万円程度で、管理費やその他の費用は必要ありません。

公営墓地(都立霊園)でも樹木葬・樹林葬ができる施設があります。都立霊園では植える木の種類を自由に選ぶことができませんが、普通の公園のような美しい所に埋葬することができます。
都立霊園で樹木葬を行う費用は1体あたり43、000円〜184、000円で、民営霊園よりも安価です。