自然葬を東京都内で

subpage01

東京都内で新しくお墓をたてるとなると、狭い東京都内では残された土地も少ないことから良い場所を確保するのは難しくなり、高額な費用も必要になってしまうものです。

どんな人にも東京で自然葬の情報探しをお手伝いします。

そのために、納骨堂という新しい形も東京都内では次々作られているのですが、遺族にとっては近い場所に合っていつでも会いに行けるとしても、個人にとってはビルの中にある納骨堂のロッカーのような場所で一生暮らすことになるのはとても窮屈なものです。

天国では自然に囲まれた場所でゆったりと暮らして欲しいと願うのであれば、自然葬が向いています。

東京都内でも自然葬を行うことができるのですが、大きく分けると海洋葬と樹木葬があります。海洋葬では、船に乗って海の沖に出て散骨をすることになるのですが、パウダー状にした骨を撒くことになるために火葬のあとの遺骨を砕かなければならないことにもなってしまいます。
海が好きだった故人のためにはいいのですが、病気や怪我など痛い思いをしながら亡くなったのであれば、これ以上痛い思いをさせたくないものです。

goo ニュースなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

自然葬の中でも樹木葬になると、墓石ではなく樹木に埋葬するという方法になるので、骨をパウダーにされることもありません。



墓石は非常に高価なものですが、樹木であれば予算を抑えることにも役立ちます。


また、一本の大きな木の下に骨壺が入るサイズ分だけの区画分けをされている樹木葬のタイプになると、より手頃な予算から利用することができます。