東京で人気の永代供養墓

subpage01

東京都内でも選ばれることが多い永代供養墓は、跡継ぎの人がいなくて誰もその家のお墓の手入れをする人がいないという場合でも、墓地でお世話や供養をしてもらえることになります。
遺族がまだ残されているという場合でも、東京から田舎にあるお墓まで春の彼岸、夏の盆、秋の彼岸と何度も行くのは難しくなってしまいます。

しかし、永代供養になっていれば、供養が必要な時には墓地や霊園でやってもらうことができつつ、自分の都合に合わせて自由にお墓参りに行くことも可能です。



自分も無理をすることなく、しかししっかりとお墓の管理もしてもらうことができる方法ともなります。

納得のロケットニュース24の最新情報が知りたい方にはこちらです。

永代供養墓は、契約をするときにしっかりと内容を把握しておくことが重要です。

墓地や霊園によってもそれぞれにシステムが違うこともあります。



一般的には、永代供養墓を利用しようと思った時には屋外であれば合同供養塔の下に入ることになるのですが、東京都内ではビルなどの建物内にお墓がある納骨堂タイプのお墓も多いものであり、合同納骨堂を利用する人も多くいます。

また、近年の新しい埋葬方法でもある自然葬のうちの一つになる樹木葬を用いた永代供養墓も作られています。
一本のシンボルになる樹木を、合同供養塔のかわりとして植えることになります。


人間が石を砕いて彫りいれた人工的な供養塔とは違い、自然の流れの中に帰化させることができる自然葬となります。


火葬を行った後の骨を樹木の下に埋めることになります。

納得の情報

subpage02

東京都内では、新しい埋葬の方法として自然葬に人気があります。自然葬とは、死んだ後には自然にかえすという概念であり、人工的に作られている墓石の下に眠ることはしません。...

NEXT

行事コラム

subpage03

東京都内で新しくお墓をたてるとなると、狭い東京都内では残された土地も少ないことから良い場所を確保するのは難しくなり、高額な費用も必要になってしまうものです。そのために、納骨堂という新しい形も東京都内では次々作られているのですが、遺族にとっては近い場所に合っていつでも会いに行けるとしても、個人にとってはビルの中にある納骨堂のロッカーのような場所で一生暮らすことになるのはとても窮屈なものです。...

NEXT

納得の知識

subpage04

近年は、都市部を中心に無宗教葬や自然葬が人気を集めています。東京には多くの地方出身者が住んでおり、実家のお墓の管理ができないため、実家のお墓に埋葬することを希望しない人が増えています。...

NEXT

行事のコツ

subpage04

樹木葬には大きく二つの形があり、一つは一人ずつ墓標となる木を植えるやり方とシンボルツリーというものを中心に、故人が分かる墓標代わりのものを設置するというものです。前者は敷地が広い地方に多く、後者は敷地が限られる東京などの都市部に多く見られます。...

NEXT